不動産の情報が満載!

不動産会社に支払う仲介手数料について

不動産会社に支払う仲介手数料について 賃貸契約にあたり不動産会社に支払う手数料は、会社がその物件をどういった立場で扱っているかにより発生するケースとしないケースがあります。
物件に関わる不動産会社の立場は、取引態様といいます。取引態様は、貸主・代理の仲介の3つあります。
貸主というのは自社物件とも言われる物件で、会社が所有する物件を自ら大家さんとなって借り手と契約をするものです。
自社で所有する物件なので、仲介の手数料は発生しないケースです。代理は大家さんに代わって、また仲介は大家さんと借り手との間という立場に立ってその物件への入居希望者を探して正式契約までサポートするものです。
これら3つの取引態様のうち、貸主つまり自社物件以外では不動産会社への仲介料が発生します。
仲介料については、不動産とその取引を管轄する法律である宅地建物取引業法でも定められています。
仲介手数料は成功報酬とされているので、賃貸契約が正式に交わされた時に支払いの義務が発生します。

不動産の仲介手数料とは

不動産の仲介手数料が発生するタイミング 仲介手数料は不動産会社の利益になる手数料です。住宅を売却す仲介手数料は不動産会社の利益になる手数料です。住宅を売却する時には、不動産会社と媒介契約を結び、購入希望者を見つけて貰うケースが殆どです。
売り主と買い主の間に入るのが仲介業者であり、手数料として販売価格の3%に6万円を加算した金額と消費税を含めた手数料を支払う事になります。
この手数料は、売り主と買い主の両者から取る事が出来るのが特徴です。尚、物件の中には売買物件だけではなく、賃貸物件もありますが、賃貸物件の場合は、家賃の1か月分が上限になっているのが特徴で、部屋を貸す大家さんと部屋を借りる人からそれぞれ手数料を取る事が出来ます。
しかしながら、売却活動の中で経費をそれほど使わずに販売活動が出来る、賃貸の部屋を貸し出す時など、広告費を掛けずに物件紹介が出来る場合などでは、売り主や貸し主側からの仲介手数料だけで利益を得る事が出来るケースもあります。
この場合は、買い主や借り主は手数料が半額になる事もありますし、中には手数料が掛からない不動産物件もあります。